建売住宅の購入でよい点悪い点

わたしが、住宅の購入を考え始めたのは、2人目のこどもが生まれたときです。以前は、アパートで寝室とリビングルームのみで部屋の広さはあるものの部屋数はありませんでした。そして、おふろの窓が狭く喚起がうまくできないせいかカビの発生がすごくて、こどもに衛生面でよくないのもきっかけです。そして、子供二人で騒いでお隣の部屋や上の階の住人に夜泣きや小さい子供が騒ぐ声で迷惑をかけてしまうし、自分の子もがまんさせてしまうことがかわいそうだと思ったので、家探しが始まったのです。夢のマイホームなので、家に関してこだわって作りたい思いもあったのですが、どうしても予算というものを考えてしまうので、土地と家の両方をこだわりをもって探すことは難しいと考えました。現実的に考えてしまうと、夢ばかり見てはいられないのです。残念ですが、注文住宅は諦めて利便性のよい土地を探しました。利便性と言えば、駅周辺の土地です。駅周辺は、人気が高いため空き地もあまり出回りません。そして、土地の坪単価も高いです。しかし、将来のことを考えると土地に重きを置いた方がよいと思いました。子供はいずれ家をでるでしょう。そして、こどもに世話にならずにできるだけ自分たちに生活をしていきたいと思っていたので、病院やスーパーなどがそろっていて、車無しでも生活が可能な場所といえば、駅周辺になるのです。もし、万が一のことも考えて何かの理由で家を売らないといけない状態になったとき、すぐに買い手がつくことも大切なことだと思いました。そして、予算がないので注文住宅ではなく、注文住宅より安い建売住宅を探しました。建売住宅を嫌う人もいますが、いいところもたくさんあります。何軒も同じような建物が並んでいるので、個性にかけるかもしれませんが、設計士が同じなので日当たりの計算がされているし、隣に家と近いですが、お布団を干すときのベランダや玄関など行動が見えないようにプライバシーが知られないようにうまくつくられています。なので、新居浜市の住宅で良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅リフォーム総合情報  英語上達の秘訣  健康マニアによる無病ライフ  工務店向け集客ノウハウ  マッサージのリアル口コミ  SEOアクセスアップ相互リンク集  女性向けエステ.   お家の見直ししま専科   生命保険の口コミ