注文住宅だし脱衣所は洗濯物が干せる程広めに

注文住宅でマイホームを建てて良かった点のひとつには、「脱衣所を広くできたこと」があげられます。

注文住宅で家を建てるメリットは、なんといっても間取りを自分たちの自由にでいることだと思いますから。

ですから、最初に仕上がってきた設計図よりも、脱衣所に関しては少し広めに変更してもらいました。

わが家は浴室の横に脱衣所兼務洗面所を置いています。ですから、最初の設計図にしましても、一般的な家庭よりも少し広めに脱衣所スペースは取っていたかと思うのですが、けれど「洗濯物を干せるぐらいのスペースが欲しい」ということで、もう少し広めにしてもらったのです。

わが家の脱衣所には大きめの換気扇がつけてあり、他の部屋よりも換気を強めにする予定でした。当初から「脱衣所スペースに洗濯物も干したい」という希望がありましたので、このようにしてもらったのです。

ただ、当初の設計図では希望していたよりも少し狭いと感じましたので、希望を伝えてもう少し広めに設計してもらいました。こういった間取りに関する希望を伝えられるところも、注文住宅のメリットだと思います。